読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とかちでToriみる調査日報

仕事も研究も趣味も遊びも....一生懸命に

月一温泉_旭岳温泉

今年はじめての温泉は旭岳温泉に行ってきた.

ひとつの宿の風呂に,いくつもの源泉があるということで楽しみだった.

だけど,温泉だけでなくて,全体的になんか気になるポイントが多くなってしまったなぁ.

 

予約したサイトのプランでは洋室しかなかったけど,あとで宿のHPをみたら和室もあったようだ(でも,自分との予算事情もあったけど).どうしても,洋室に泊まると,いつものビジネスホテル感が強くて,雰囲気がない.仕事できてとまっているという感覚から抜け出ない.

 

温泉は5つの源泉があり,それぞれのお湯が楽しめるようだった.全部のお湯に入ったが,色も透明から茶色,灰色と少し色のついたお湯までさまざまだった.茶色は鉄分の,灰色は少し硫黄のにおいのお湯だった.

 

見た目もにおいもお湯によって違いがあったけど,温泉の成分表を見ると,そんなに違いがなかった.源泉が違うっていっても,同じ敷地内から出てるから,その結果は当たり前といえば,当たり前なんだろう.

 

お湯で残念だったこともあった.源泉からの温度は高かったような気がするが,全体的にぬるかった(もちろん,源泉自体がかなりぬるいものもあったけど).湯船が浅くて,あえてぬるくなるように作っているのかなって思った.あれだけの源泉(湯船)があるんだから,熱めのお湯から温めのお湯まであれば,バリエーションの楽しめるような気がした.

 

あとは非常に残念だったのは,2つあるうちのひとつの露天風呂が冬季閉鎖だったこと.入れた方の露天風呂は,露天風呂感が乏しかった.冬の雪降る中の露天風呂を楽しみたかったんだけど,できなくてホントに残念だった.

 

お湯の感想は全体的に目立った特徴は感じなかったけど,これは自分が癖のあるお湯を好んでいるのかなとも思っている.

f:id:fieldworker:20160127183212j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風呂上がり,夕食へ.

夕食もここの売りらしく,決まり切ったものじゃないというようなことがあったような.前菜からと,順番に食べるようで,いいタイミングでは持ってきてくれなかった.なので,何度か声をかけることになった.

f:id:fieldworker:20160127184329j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

申し込んだプランにはアワビの塩釜焼きがついていた.

中に入っていたのは,一口で食べられるサイズで,アワビというよりはトコブシって感じ.

 

ご飯はなく,豚しゃぶのあとに,うどんの乾麺を入れた.稲庭と言われたような気がするが,もっとおいしくあるべきだと思う.

 

宿に行く途中から雪は降っていたし,夜中もずっと降っていた.まぁ,そういう場所だからとうぜんのこと.チェックアウトのときには,車の雪を降ろさないとと覚悟はしていた.

 

朝から駐車場は除雪車が動いていた.その後に,8時くらいには車の行きも降ろしてくれていた.しかし,チェックアウトの10時には,また降ろさなければならないくらいになっていた.

10時前に,自分の車以外は2回目の雪下ろしがされていた.なんか,気分が悪かった.

 

今回の温泉は,結構な値段だったけど,それには見合っていなかったような気がした.